あらまし

脳波BMI 技術を用いた実用的意思伝達システム

長谷川 良平 

Vol.95 No.9pp.834-839

発行日:2012/09/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
ブレイン-マシンインタフェースブレイン-コンピュータインタフェース脳波事象関連電位意思伝達支援

本文:PDF(859.8KB)>>

記事を購入

あらまし:
近年,脳と機械を直結するBrain-Machine Interface(BMI)技術を用いた脳機能補償技術の開発が盛んになっている.なかでも頭皮上脳波に着目した非侵襲BMI は,重度の運動機能障がい者を対象にした画期的な意思伝達支援技術として注目されている.しかし,脳波BMI システム実用化のためにはハードウェアとソフトウェアの両面において解決されなければならない課題が幾つか存在する.本稿では,脳波BMI の基本原理やその開発動向,更には筆者の研究チームで開発を進めている脳波BMI「ニューロコミュニケーター」とその臨床応用を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355