あらまし

コンピュータ将棋におけるクラスタ並列探索

伊藤 英紀 

Vol.96 No.2pp.117-123

発行日:2013/02/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
コンピュータ将棋並列処理αβ探索PVSplitYBWC

本文:PDF(566.8KB)>>

記事を購入

あらまし:
2012 年1 月に将棋電王戦が行われ,筆者の開発した将棋ソフト「ボンクラーズ」が米長邦雄元名人に勝利した.2012年現在の将棋ソフトの実力は人間のトップ棋士をも越えるほどである.最近のソフトの棋力向上の原動力の一つがクラスタ並列探索である.αβ 探索のクラスタ並列化は技術的な困難が多く,少し前までほとんど成功例がなかったが,近年ボンクラーズがこの分野の技術を先導・開拓し,棋力向上を実現した.本稿ではコンピュータ将棋におけるクラスタ並列探索技術の過去の事例を振り返り,その困難さについて述べた後,ボンクラーズの実装を中心に技術のポイントを幾つか解説していく.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355