あらまし

認知科学と測る化

北島 宗雄 

Vol.96 No.8pp.626-631

発行日:2013/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 サービス産業活性化のための測る化の新展開

専門分野:

キーワード:
サービス受容者知覚認知行動過程認知的クロノエスノグラフィー満足感

本文:PDF(696.7KB)>>

記事を購入

あらまし:
サービスの目標は,サービス受容者に満足感を与えることである.人々は,サービスを受けるとき,サービスに関わる情報を取り込み,処理し,行動する,というサイクルを繰り返す.提供されるサービスが受容者に満足感を与え得るかどうかを評価するためには,サービス受容者の知覚・認知・行動過程を理解することが必要である.認知科学は,人間の知覚・認知・行動過程の解明を計算機シミュレーションにより行う.本稿では,認知科学的な方法によってサービス受容過程を測る方法(認知的クロノエスノグラフィー法)について解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355