あらまし

高速掃引分光技術がひらくテラヘルツの産業展開

西名 繁樹 

Vol.97 No.11pp.987-993

発行日:2014/11/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 最新テラヘルツ技術と実用化に向けた取組み

専門分野:

キーワード:
テラヘルツ時間領域分光(TDS)光サンプリング高速掃引

本文:PDF(1.7MB)>>

記事を購入

あらまし:
テラヘルツ波を応用した非破壊検査等において実用的な装置を実現するためには,測定のスループットが重要である.光通信の分野でOTDM等超高速光信号の計測技術である光サンプリングの技術は,テラヘルツ波の分光装置において高速掃引技術として用いられており,その高スループットの測定性能を支えている.本稿では,テラヘルツ光サンプリング方式を搭載したテラヘルツ波の解析システムをその測定例とともに紹介し,テラヘルツ波の産業応用について解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355