あらまし

非線形・感性・科学哲学――デカルトの近代とそれを超える情報科学・技術の視点――

長島 知正 

Vol.98 No.11pp.987-991

発行日:2015/11/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 非線形理論とその応用

専門分野:

キーワード:
二つの文化デカルト二元論感性趣味判断非線形言語理論

本文:PDF(489.1KB)>>

記事を購入

あらまし:
本稿では,近代を拓いたデカルトに焦点を当て,人間の広い意味の思考と非線形の関わりを考察する.そのため方法序説を取り上げ,まずデカルトの思考方法に線形性が見られることを指摘し,続いてデカルトの心身二元論には,近代科学技術の隠れた壁として,人間の感性の問題があることを明らかにする.また,人間の感性は,二元論では切り離された,精神と身体との間をつなぐものとしてあることを示した後,言語分析を通して,隠れた壁を超える新しい情報科学・技術の可能性を考える.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355