あらまし

要求変化へのソフトウェア工学

中島 震 

Vol.98 No.2pp.124-129

発行日:2015/02/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
ディペンダビリティ安全性信頼性自己適応

本文:PDF(476.3KB)>>

記事を購入

あらまし:
ソフトウェアシステムのディペンダビリティは,信頼性と安全性という二つの側面から成る.従来のソフトウェア工学では,信頼性が主な関心事であった.安全性は,開発初期の要求分析で考慮するとされる.要求は,システム外部との関わりであることから,ソフトウェア工学の範囲を越えた幅広い視点を要する.更に,要求を完全に得ることは難しい.このような部分性は,ソフトウェアシステム完成後に要求変化となって顕在化する.本稿では,M. Jacksonの考え方を説明の枠組みとして,要求変化に対するソフトウェア工学の技術を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355