あらまし

文化遺産の記録と再現――「コト」のディジタルアーカイブの実現に向けて――

八村 広三郎 田中 覚 西浦 敬信 田中 弘美 

Vol.99 No.4pp.287-294

発行日:2016/04/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 文化創造学を目指す工学

専門分野:

キーワード:
ディジタルアーカイブ有形文化遺産無形文化遺産祇園祭

本文:PDF(2.6MB)>>

記事を購入

あらまし:
有形無形の文化財・文化遺産をディジタル化し保存するというディジタルアーカイブの考え方・アプローチは様々である.保存という視点だけでなく,活用という視点,すなわち,伝統を能動的に見直し,今後も更に発展し続けるであろうディジタル技術を利用して,更なる文化創造へとつなげていくことも必要である.本稿では,祇園祭における山鉾巡行を対象とし,これにまつわる文化事象「コト」を記録するという,立命館大学で取り組んできた活動の考え方,および,今までに実現できたことなどを報告するとともに,記録としてのアーカイブだけではなく,創造のためのアーカイブの可能性について考える.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355