あらまし

電子フィンガープリント符号の構成とその性質

縫田 光司 

Vol.99 No.6pp.551-555

発行日:2016/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
電子フィンガープリントフィンガープリント符号c-secure符号データ不正流出対策

本文:PDF(691.2KB)>>

記事を購入

あらまし:
楽曲データの購入者による不正コピーの流出や業務データの担当従業員による不正流出への対策では,利便性との兼ね合いでデータに単純なアクセス制御を施せないことも考えられる.そこで,データ流出時に流出元の特定を可能とすることでデータ流出を抑止すべく,データ自体にユーザの識別符号を埋め込む電子フィンガープリント技術が研究されている.本稿では,当該技術で用いられるフィンガープリント符号の代表的な構成法,符号長の理論限界の研究,ほかの情報セキュリティ技術へのフィンガープリント符号の応用について概説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355