あらまし

状態依存形の待ち行列モデルとサービスシステムへの応用

河西 憲一 

Vol.100 No.4pp.253-258

発行日:2017/04/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 数理的手法の多様化・深化による通信システムへの新たなアプローチ

専門分野:

キーワード:
状態依存形待ち行列準出生死滅過程コールセンターデータセンター

本文:PDF(507.3KB)>>

記事を購入

あらまし:
トラヒック理論を源流とした待ち行列理論は,通信やコンピュータシステムの性能評価を行う際の数理的な基盤として広く用いられてきた.コールセンターやデータセンターは,待ち行列が長くなるほど離脱客が増えるといった状態依存形の待ち行列でモデル化できることが多い.本稿では状態依存形の待ち行列,特に状態依存形の準出生死滅過程でモデル化される待ち行列に焦点を当て,コールセンターやデータセンターの適用事例を通じて,その概略と課題を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355