あらまし

無線トモグラフィーと位置推定問題への応用

松田 崇弘 原 晋介 小野 文枝 滝沢 賢一 三浦 龍 

Vol.100 No.4pp.287-292

発行日:2017/04/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 数理的手法の多様化・深化による通信システムへの新たなアプローチ

専門分野:

キーワード:
無線トモグラフィー圧縮センシングスパースベクトル位置推定

本文:PDF(634.5KB)>>

記事を購入

あらまし:
無線トモグラフィーは,三次元空間の領域に対し,無線信号を様々な角度から照射して測定することにより,領域内部の信号減衰の空間分布を推定する手法である.本稿では,近年注目されているスパースベクトルの再構成手法である圧縮センシングを,無線トモグラフィーに適用する手法について述べるとともに,無線トモグラフィーを用いた室内位置推定技術への取組みについて紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355