あらまし

5Gを実現するミリ波CMOS回路技術

國弘 和明 岡田 健一 

Vol.101 No.11pp.1123-1129

発行日:2018/11/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 間もなく離陸する5G──新たな通信社会は何が変わるのか?──

専門分野:

キーワード:
ミリ波ビームフォーミングフェーズドアレーアンテナ移相器CMOS

本文:PDF(2.1MB)

あらまし:
第5世代移動通信システム(5G)では,広い信号帯域幅を確保できるミリ波帯を活用して,現行4Gに比べ10倍以上の10Gbit/sを超える高速通信の実現を目指している.ミリ波の欠点である電波の減衰や直進性を補って,安定した通信を実現するには,数百のアンテナ素子で構成されるフェーズドアレーアンテナを用いた高精度なビームフォーミングが有効である.5Gを広く社会に普及させるためには,これを小形・省電力・低コストに装置に実装する必要があり,集積回路技術が極めて重要になる.本稿では,5G向けミリ波ビームフォーミング集積回路技術の現状と今後の展望について述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355