あらまし

フォトニクスが開くテラヘルツ技術

永妻 忠夫 

Vol.101 No.2pp.159-165

発行日:2018/02/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 マイクロ波・ミリ波フォトニクス技術の新展開

専門分野:

キーワード:
テラヘルツフォトニクス無線通信計測

本文:PDF(2MB)

あらまし:
21世紀に残された最後の周波数帯のフロンティアとして,テラヘルツ波の様々な応用に向けた研究開発が国内外で活発になってきた.テラヘルツ波の発生・検波はデバイス性能の限界から従来は困難であったが,フォトニクス技術の利用により,広帯域かつ高出力・高感度のシステム構築が可能になった.本稿では,フォトニクス技術によるテラヘルツ無線及びテラヘルツ計測を取り上げ,最新の研究開発状況や,今後の課題について言及する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355