あらまし

臨場感と迫真性の感性心理学的特性

行場 次朗 

Vol.101 No.8pp.793-797

発行日:2018/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 高臨場感映像・音響が創り出す新たなユーザ体験の評価技術

専門分野:

キーワード:
臨場感迫真性クオリアアウェアネス感性心理学

本文:PDF(854KB)>>

記事を購入

あらまし:
マルチモーダル情報で表現される空間に対する感性として「臨場感」はよく取り上げられるが,本稿では感性心理学的な観点から,臨場感は背景的・空間的な場全体に対する感覚体験(クオリア)に依存して生起する感性であることを示す.一方,シーンの印象にとって重要な前景的・焦点的情報に対する気付き(アウェアネス)を表す感性については十分な検討がなされていない.そこで,コンテンツの核心となる対象や事象の本物らしさに対応する感性を「迫真性」と定義し,迫真性が臨場感とは異なる心理特性により喚起される感性であることを心理実験により示す.そして,臨場感と迫真性の両方に配慮したコンテンツを創出し,鑑賞者に提示する工夫が重要であることを述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355