あらまし

音声言語理解の応用システム

大庭 隆伸 

Vol.101 No.9pp.880-884

発行日:2018/09/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 音声言語理解のこれまでとこれから

専門分野:

キーワード:
音声対話音声AI音声アシストコールセンターロボット

本文:PDF(362.9KB)

あらまし:
昨今のAI(人工知能)ブームやスマートスピーカの登場により,音声入力が次世代のインタフェースとして注目を集めている.音声言語を理解する技術が重要さを増しており,その適用先も拡大している.音声言語理解の応用システムが広く社会に浸透していくには,それ自体の技術の向上に加え,サービス提供を支える周辺環境の整備が進むことも重要である.本稿では,音声入力型サービスの普及を支える環境の変化に言及するとともに,市場に登場しているシステムやサービスを中心に,音声言語理解の応用システムを紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355