あらまし

NanoBridge技術を用いた超低消費電力LSI

阪本 利司 宮村 信 多田 宗弘 

Vol.102 No.5pp.408-412

発行日:2019/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 IoTの全て

専門分野:

キーワード:
プログラマブルロジックFPGA抵抗変化素子

本文:PDF(889.8KB)>>

記事を購入

あらまし:
NanoBridgeを適用した超低消費電力LSI技術について紹介する.NanoBridgeは,Cu原子が電圧の印加によって電極間の固体電解質中に架橋を形成・消失する現象を利用した抵抗変化形スイッチであり,大きなオンオフ抵抗比,各状態が不揮発という特徴を有する.NanoBridgeを用いたプログラマブルロジック(FPGA)の構成と,アプリケーション回路の動作における消費電力と動作速度の優位性について述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355