あらまし

UCLAでの客員研究員経験と研究者の国際化の勧め

岩田 淳 

Vol.92 No.5pp.395-399

発行日:2009/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 私の国際交流の経験

専門分野:

キーワード:
グローバルコラボレーションコミュニティオープンイノベーション

本文:PDF(608KB)>>

記事を購入

あらまし:
私の1997~1998年のUCLAへの客員研究員留学経験と,その経験を通した日本研究者の国際化への勧めについて私見を述べる.時代が変わり,企業の競争環境も大きく変化する中,企業のグローバル市場での競争力向上が急務となっている.その中で,企業としては複数の企業の合従連衡を含め,多国籍企業運営に向けグローバルに通用する人材の確保がますます重要となってきている.本稿では,留学経験と昨今の企業環境をベースに,グローバルなコラボレーション活動の重要性とチャレンジへ向けて施策案について述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355