あらまし

P2P 配信技術とその制御に関する標準化動向

山本 周 大岸 智彦 亀井 聡 西谷 智広 

Vol.93 No.9pp.779-784

発行日:2010/09/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
P2P 配信P2P ストリーミングネットワークキャッシュトラヒック制御

本文:PDF(1.5MB)>>

記事を購入

あらまし:
P2P(Peer to Peer)トラヒックがISP(Internet Service Provider)の帯域を圧迫している状況を踏まえ,ISP 各社は帯域制限などの措置を行っているが,インターネットの中立性原則に対する問題が指摘されている.この状況に対応するため,P2P 配信技術やその制御を対象とした標準化がIETF(Internet Engineering Task Force)で進められている.本稿では,ネットワーク情報を用いたP2P ピア選択制御,P2P アプリでの使用を想定したふくそう制御,P2P ストリーミング配信アーキテクチャ,P2P トラヒックのキャッシュの観点から,関連するWG(Working Group)の活動状況を紹介する.なお,標準化活動は現在も活発に継続中であるが,本稿では2010 年4 月現在(アナハイム会合終了直後)の状況について述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355