あらまし

ゲーム理論の無線通信への応用

山本 高至 

Vol.95 No.12pp.1089-1093

発行日:2012/12/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
ゲーム理論無線通信リソース制御公平性

本文:PDF(495.2KB)>>

記事を購入

あらまし:
無線通信には同一チャネル干渉やユーザ間の公平性といった課題があり,これらは主体間の相互作用に起因していると捉えることができる.この相互作用を扱う理論として数学や経済学の分野で研究が進められてきたゲーム理論がある.このため,無線通信の周波数利用の効率化の観点から,無線リソース制御をはじめとする制御や無線通信システムの性能解析へのゲーム理論の応用が行われている.本稿ではゲーム理論と最適化理論の相違を明確にしつつ,ゲーム理論の基本である戦略形ゲームと交渉ゲーム,それらの解概念であるナッシュ均衡とナッシュ交渉解について説明するとともに,無線通信分野への応用例を示し,ゲーム理論全般の応用について研究動向を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355