あらまし

聴覚情景分析の脳内メカニズム

柏野 牧夫 

Vol.95 No.5pp.391-395

発行日:2012/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 人間を理解するためのICT技術──人間を対象としたセンシング・情報処理からその応用まで──

専門分野:

キーワード:
聴覚情景分析音脈多義的知覚注意脳機能計測

本文:PDF(867.8KB)>>

記事を購入

あらまし:
日常環境では,聴取者の耳に到達する音響信号は,同時に存在する複数の音源からの信号が混合したものになっていることが多い.聴覚系には,このような混合信号から何がどこで起きているかを解釈し,所望の音源を選択的かつ頑健に聴取する能力が備わっている.この「聴覚情景分析」と呼ばれる柔軟な聴覚機能が脳内のどこでどのように実現されているかについて,近年急速に解明が進んでいる.本稿では,我々の研究グループによる,心理物理学や脳機能計測などの手法を組み合わせた幾つかの研究事例を中心に,最近の研究動向を概説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355