あらまし

レーザ方式宇宙太陽光発電の技術課題と開発現状

鈴木 拓明 

Vol.97 No.6pp.497-501

発行日:2014/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
レーザ方式宇宙太陽光発電ビーム方向制御マルチサイトレーザ対応光電変換素子

本文:PDF(933.8KB)>>

記事を購入

あらまし:
宇宙航空研究開発機構では,エネルギー・環境問題の解決に貢献する手段の一つとして,レーザ方式とマイクロ波方式の二つの伝送方式による無線電力伝送技術を用いた宇宙太陽光発電システムの研究開発を進めている.本稿では,多種の技術を総合するレーザ方式宇宙太陽光発電システムを,関連技術に関わる読者に広く紹介するため,はじめにシステム概要を説明し,次にレーザ発振技術,レーザ伝送技術及び地上システム技術における技術課題,要素技術研究の現状について紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355