あらまし

文字・文書メディアの新しい利用基盤技術の開発への取組み

黄瀬 浩一 大町 真一郎 内田 誠一 岩村 雅一 

Vol.98 No.4pp.311-327

発行日:2015/04/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:総合報告

専門分野:

キーワード:
リーディングライフログ文書アノーテーション文字認識文書画像検索フォント生成

本文:PDF(3.5MB)

あらまし:
“You are what you read.”と言われるように,読むことは,我々の知識や人格の形成に中心的な役割を果たしている.実際,知識を追加・更新するため,我々は毎日読むことに膨大な時間を費やしている.ところが,このような努力は記録も再利用もされておらず,かけた時間に見合った価値を引き出せているとは言い難い.本稿では,読むという行動を記録し,再利用するためのリーディングライフログ(Reading-Life Log)技術について解説する.具体的には,人の読む行動と読まれる対象を相互解析することによって,読んだ文字・文書を通して人を知り,また人の読み方を通して文字・文書を知ることを実現する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355