あらまし

ぶどう栽培におけるICT利活用

伊東 和彦 

Vol.99 No.2pp.104-108

発行日:2016/02/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 食と知的環境──センサデータを活用した生産から健康管理まで──

専門分野:

キーワード:
センサネットワークデータ分析かび予測予兆ぶどう栽培

本文:PDF(727.3KB)

あらまし:
第一次産業分野におけるICTの利活用は「データの見える化」を中心に広がりを見せている.その普及に向けての重要な鍵は,見える化されたデータから新たな知見を生み出し,現場の課題解決や将来の不安解消につながっていくことであろう.本稿は,ぶどうべト病など病気の原因となるかびの発生を予測し,その予兆を捉えることで,生物の多様性を持続的に守り,健康かつ程よく熟したぶどう栽培の可能性について論じる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355