あらまし

関連分野概観

木竜 徹 

Vol.102 No.8pp.750-753

発行日:2019/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 生体機能の“安全”な計測・評価を目指して

専門分野:

キーワード:
生体機能計測・評価時間スケール時変性

本文:PDF(590.3KB)>>

記事を購入

あらまし:
生体機能の計測・評価は,身体の状態を測りそれに応じた対処を可能とするため,リハビリテーションやスポーツへの応用において有用な基礎技術となっている.本小特集では,技術要素としては電子情報通信学会と関連の深いセンシング技術や情報処理技術が用いられている生体機能計測・評価の現状と今後の課題について解説する.ここで,生体機能計測・評価とは,生体機能を観測し,生体機能がどのような状態にあるか,例えば生体機能の疲労やストレスがどの程度の水準にあるか,について客観的に見積もることを言う.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355