あらまし

筋音図を用いた身体動作の計測・評価

岡 久雄 福原 真一 

Vol.102 No.8pp.754-757

発行日:2019/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 生体機能の“安全”な計測・評価を目指して

専門分野:

キーワード:
筋音図MMG筋収縮筋電図

本文:PDF(748.3KB)>>

記事を購入

あらまし:
筋活動の計測・評価において,電気的情報の筋電図(EMG)とその応答である機械的情報として筋音図(MMG)がある.MMGは筋線維の収縮で発生したせん断応力を皮膚表面での圧力波として捉えたもので,音響(振動)信号である.それぞれ優位な場面があることから,同時計測が可能な「MMG/EMGハイブリッドセンサ」を開発した.共通の評価指標は振幅とパワースペクトルの基礎統計量で,MMGでは加速度と変位を加えた.動的運動時への応用,特に,回復期リハビリテーション過程における新たな指標として期待された.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355