あらまし

自律神経系を用いた精神的ストレスの計測・評価

塩入 俊樹 

Vol.102 No.8pp.766-767

発行日:2019/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 生体機能の“安全”な計測・評価を目指して

専門分野:

キーワード:
自律神経系精神的ストレス交感神経系HPA系

本文:PDF(370.8KB)>>

記事を購入

あらまし:
自律神経系(ANS)は生体の恒常性(ホメオスタシス)を維持するための重要なメカニズムの一つである.そのため様々な状況で変化し,個人差も大きい.これまでのANS研究の大部分は,非日常的な実験環境下における急性のストレスを与えるものであったが,これでは実際の精神的ストレスを測定することにはならない.今後は,長期間継続的に測定可能な携帯型の装置を用いて,被験者それぞれが別々の日常生活をしながら実際に様々な精神的ストレスを受けた状況下でのANSの変化を捉え,それをAIを用いて解析し,一人一人異なるオーダメイドのストレス警報装置となることを望みたい.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355