あらまし

感覚系の特性に関連した最近の課題

林 容市 田中 喜代次 

Vol.102 No.8pp.801-804

発行日:2019/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 生体機能の“安全”な計測・評価を目指して

専門分野:

キーワード:
生理指標身体感覚運動強度個人差自己選択

本文:PDF(600.6KB)>>

記事を購入

あらまし:
身体活動やスポーツでは,負荷と生理的指標の関係に基づいてトレーニング強度や安全性が確認されている.この際,その種類・種目,個人の体力や過去の運動習慣などによって努力感覚や疲労感覚などが異なることが知られている.運動時の身体感覚は様々な感覚に影響を受けており,主観的な感覚情報にのみに依拠した運動強度の調節では,不十分な運動効果や事故リスクが高まる.また,大きな個人差が生じる可能性がある.そこで,これらの主観的な感覚ではなく,身体活動時や運動時での全身的な努力感覚・疲労感覚の重要性を解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355