あらまし

感性の指標化とプロダクトデザインへの応用

長田 典子 

Vol.102 No.9pp.873-880

発行日:2019/09/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
感性工学機械学習感性的質感スタイル特徴アプレイザル辞書

本文:PDF(2.2MB)>>

記事を購入

あらまし:
ユーザのニーズ・ウォンツの多様化が進み,プロダクトやサービスのカスタマイズ化あるいはパーソナル化が求められる中,人の嗜好や満足といった感性的な価値をモデル化し,具体的なデザインに展開する方法論が注目されている.多様な人の感覚・感性を指標化し,新たな社会的価値を創出するため,感性工学をはじめ,AI,心理学,脳科学等の学際的融合により研究を進めるとともに,成果の社会実装を進めている.本稿では感性の指標化技術とそのプロダクトデザインへの応用事例について紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355