あらまし

量子アニーリングの現状と展望

西森 秀稔 

Vol.103 No.3pp.264-266

発行日:2020/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 量子技術に着想を得た次世代コンピューティング

専門分野:

キーワード:
量子アニーリング量子コンピュータ組合せ最適化問題

本文:PDF(400.3KB)>>

記事を購入

あらまし:
量子アニーリングは,組合せ最適化問題を量子力学の原理を応用して解く汎用アルゴリズムである.最近は組合せ最適化問題にとどまらず,サンプリングや量子シミュレーションへの応用も開拓されつつある.量子アニーリングをハードウェアとして実現した装置が開発・市販され,クラウドサービスを通して企業の現場で最適化問題の解決に応用する動きが出てくるなど話題を呼んでいる.本稿では量子アニーリングの基礎的な考え方を説明した後,現状における問題点を指摘するとともに近未来における発展の方向性を展望する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355