あらまし

線形光学を用いた量子計算

松田 信幸 

Vol.103 No.3pp.298-304

発行日:2020/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 量子技術に着想を得た次世代コンピューティング

専門分野:

キーワード:
量子計算線形光学光導波路

本文:PDF(981.4KB)>>

記事を購入

あらまし:
線形光学量子計算は,線形光学素子に単一光子源や光子検出器を組み合わせて行う量子計算方式である.そのデバイス技術は近年大幅な発展を遂げている.また少ない数の光子で大規模な計算を行うことのできる方式が提案され,その応用も次々と提案されている.本稿では,線形光学を用いた量子計算の基本的な考え方について,論理回路の実現方法や最近の量子計算方式を解説しつつ紹介する.次にそれらの実装方法について筆者らの実験を例に解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355