あらまし

汎用計算アクセラレータGPUの開発環境

成瀬 彰 

Vol.103 No.5pp.483-487

発行日:2020/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 様々なハードウェアに適応したAI実装技術

専門分野:

キーワード:
GPU computingCUDAOpenACC標準言語の並列対応GPUライブラリ

本文:PDF(1.5MB)>>

記事を購入

あらまし:
GPUの汎用計算への適用が始まって10年以上が経過した.画像処理や科学技術計算から始まったGPUコンピューティングは様々な分野に普及し,AI分野では標準的なプラットホームの一つとなった.GPUコンピューティングが普及した要因として,10年前と比較して,GPU上のプログラム開発が簡単になったことが挙げられる.当初,GPUプログラミングを行うには専用言語を使用するほかなかったが,今やC/C++,Fortran,Python,MATLABなど様々な言語でGPU向けプログラムを開発できる.本稿ではGPUプログラミングの現状を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355