あらまし

FPGAによる自己組織化マップのハードウェア化──打音検査システムへの適用に向けて──

安永 守利 

Vol.103 No.5pp.507-513

発行日:2020/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 様々なハードウェアに適応したAI実装技術

専門分野:

キーワード:
自己組織化マップ教師なし学習ディープラーニングFPGA打音検査

本文:PDF(1.7MB)>>

記事を購入

あらまし:
自己組織化マップ(SOM : Self-Organizing Map)は,ディープラーニングニューラルネットワーク(DLNN)と同様に,脳の神経回路網をモデルとするAIの手法である.SOMは,「教師なし学習」「学習結果の可視化」といったDLNNにはない特徴を有する.また,SOMもDLNNと同様,学習に多くの計算時間を必要とする.本稿では,はじめにSOMの基礎事項を解説する.そして,FPGAによるSOM専用ハードウェアの一例を示し,そのコンクリート打音検査装置への適用結果と有効性を示す.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355