あらまし

粒子群最適化法のGPU実装について

佐々木 智志 

Vol.103 No.5pp.524-528

発行日:2020/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 様々なハードウェアに適応したAI実装技術

専門分野:

キーワード:
粒子群最適化法GPUCUDA (Compute Unified Device Architecture)高次元最適化問題

本文:PDF(2.5MB)>>

記事を購入

あらまし:
近年の工学の分野では,設計変数の多い高次元最適化問題を素早く解く需要が高まってきているが,その目的関数の情報が不明なBlack-box最適化問題であることも多い.粒子群最適化法(PSO)は,多数の粒子が相互作用しながら探索空間上を直接探索する手法であり,Black-box最適化問題を解くための手法として脚光を浴びている.しかし,高次元最適化問題を解くためには,多数の粒子計算が必要となる.本稿では,PSOにおける多数の粒子計算を並列的に実行し,その計算時間をCPUのみで計算する場合よりも短縮可能なGPU実装技術について紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355