あらまし

製造現場における通信タイミングに着目したモニタリング及び通信制御

吉岡 達哉 玉井 森彦 長谷川 晃朗 

Vol.103 No.6pp.579-585

発行日:2020/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 オリンピック,パラリンピック,そして

専門分野:

キーワード:
工場無線無線LAN送信タイミング制御モニタリングシステム

本文:PDF(1.2MB)>>

記事を購入

あらまし:
様々な機器の稼動状況の把握,制御などを目的として,工場,病院,商業施設などの屋内環境へのIoT(Internet of Things)デバイスの導入が進んでいる.このような環境下では,トラヒックが場所的・時間的に集中した結果,パケットの衝突や遅延が発生するが,このような状況下でも安定した通信が望まれる.また,システム全体の動作状況を把握するため,監視対象の周波数帯における混雑具合や電波強度などの情報を把握し,無線品質に問題が生じていないかを監視し,問題が生じている場合には,その原因の特定につながる情報を提供できるシステムが望まれる.本稿では,安定した通信を実現するための通信タイミング制御技術と,物理層情報とMAC層情報を統合的に分析することで,無線品質をより詳細に把握するためのモニタリングシステムについて紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355