あらまし

アドホックネットワーク研究の立ち上げ

松井 進 門田 和也 

Vol.103 No.6pp.600-606

発行日:2020/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
アドホックネットワークアドホックネットワークの実用化システム経路安定化スループット改善

本文:PDF(1.8MB)>>

記事を購入

あらまし:
アドホックネットワーク技術は基地局やアクセスポイントなどの無線通信インフラなしに端末間で無線ネットワークを構築する技術である.無線が直接届かない端末間も他の端末が中継することで通信が可能である.アドホックネットワーク技術は1990年頃から米国の国防関係で研究が開始された.1997年にはIETF内にアドホックルーチングの標準化を目的としたMANET WGが設立され,世界的にアドホックネットワークの研究が活発化した.国内でも2004年頃から研究が活発化した.筆者らの研究グループは,2000年頃からアドホックネットワークの研究を立ち上げ,アドホックネットワークの実用化に向けて各種システムの構築,技術開発及び標準化活動を推進した.本稿ではアドホックネットワーク研究の立ち上げ及び実用化に向けた活動について述べる.なお,アドホックネットワーク技術はスマートグリッドなどに採用されるなど,IoTシステム向けの無線ネットワーク技術として実用化されている.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355