あらまし

電磁界シミュレーション技術の将来像

木村 秀明 

Vol.103 No.6pp.607-613

発行日:2020/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
マクスウェル方程式電磁界シミュレーションプロセッサ自動化

本文:PDF(1.1MB)>>

記事を購入

あらまし:
近年の計算機性能の加速度的進展,高効率計算アルゴリズム等の数値計算に関わる各種技術の提案,技術確立に伴い,エレクトロニクス分野における電磁界シミュレーション技術の適用領域の拡大及び大規模化が著しい.更に,数値シミュレーション技術は人工知能等の新たな技術との連携により設計者支援ツールという従来の立場から設計ツールという新たな立場へと変化している.本稿では,電磁界シミュレーション技術について基本原理,数値計算法及び基盤技術について説明するとともに,数値シミュレーション技術全体の将来像を展望する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355