あらまし

新材料探索におけるAIとデータの活用

武田 征士 濱 利行 徐 祥瀚 山根 敏志 中野 大樹 

Vol.103 No.6pp.621-628

発行日:2020/06/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
AI機械学習マテリアルズインフォマティクスケモインフォマティクス分子設計

本文:PDF(1.2MB)>>

記事を購入

あらまし:
多様な材料データを基に高速かつ柔軟な材料設計(新材料探索)を実現すべく,電子部品材料や医薬品など様々な材料開発へAIを初めとするデータサイエンス技術の導入が急速に進んでいる.本稿の前半では,材料科学とデータサイエンスの融合領域であるマテリアルズインフォマティクスにおけるAI導入の現状を広く紹介する.また後半では,本分野において特に重要な技術である分子構造の自動設計,すなわち所望の特性を持ち得る分子構造をAIにより高速かつ幅広く設計する技術の手法と応用について,我々の取組みを中心に詳しく説明する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355