あらまし

準天頂衛星システム「みちびき」──安全・安心な衛星測位システムの確立への期待──

水野 勝成 

Vol.103 No.8pp.798-805

発行日:2020/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 宇宙通信新時代の幕開け

専門分野:

キーワード:
衛星測位準天頂みちびきGPSGNSS

本文:PDF(1.2MB)>>

記事を購入

あらまし:
スマホの地図アプリなど我々の生活には衛星測位が不可欠であり,米国GPS・ロシアGLONASSをはじめとする全世界衛星測位システムにより衛星測位の社会インフラがほぼ確立されている.その中で準天頂衛星システム「みちびき」が4機体制で2018年11月に実用サービスが開始された.; 本稿では,研究開発による準天頂衛星初号機から4機体制による実用みちびきで用いられている主要技術や各種信号・サービス等を概説する.そして,現在整備が進められている7衛星体制で導入される技術を紹介しつつ,みちびきが日本発の安全・安心な衛星測位システムとして,確固たる地位を確立することを期待する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355