あらまし

宇宙通信新時代を支える──1 bit/sから100 Gbit/sの衛星通信を支える技術──

米田 誠良 

Vol.103 No.8pp.815-821

発行日:2020/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 宇宙通信新時代の幕開け

専門分野:

キーワード:
TT & C通信深宇宙通信光通信ディジタル化非線形ひずみ補償電波監視抗たん性

本文:PDF(1.3MB)>>

記事を購入

あらまし:
衛星搭載通信系においては大きく,「コマンド受信・テレメトリー送信の役割を担うトランスポンダを中心としたTT & C系」と,「観測データを地上に伝送する変調器を中心としたミッションデータ伝送系及び,放送電波や各種通信信号を中継処理する通信衛星中継ペイロード系」に分けられる.TT & C系においては小形高性能であることとともに,高い信頼性も求められる.ミッションデータ伝送系や中継ペイロード系においては,高速化及び通信要求への柔軟な対応を目指し,ディジタル技術の導入によるスマート化が求められている.また昨今,電波監視のニーズの高まりを受けた対応も求められる状況にある.これらを支える技術について紹介を行う.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355