あらまし

宮田房近氏の論文「附与伝送比が変圧器を使用せず且共通帰線で実現されるための必要且充分条件」及び「二端子合成の新系列」に対する意見

喜安善市 池野信一 

Vol.36 No.4pp.186-187

発行日:1953/04/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:論文

専門分野:

キーワード:
---

本文:PDF(182KB)>>

記事を購入

あらまし:

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355