あらまし

フォトニック結晶レーザの進展

野田 進 

Vol.91 No.11pp.965-970

発行日:2008/11/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 進化する先端フォトニックデバイス

専門分野:

キーワード:
フォトニック結晶ビーム形状青紫色発振バンド端効果

本文:PDF(10.3MB)>>

記事を購入

あらまし:
フォトニック結晶面発光レーザの現状と最新動向について述べる.まず,二次元フォトニック結晶のバンド端効果により,大面積単一縦横モード発振可能で,ビーム形状までも自在に制御可能な特長を持つことを示す.更に,ごく最近,世界で初めて青紫色領域GaNフォトニック結晶面発光レーザの発振が達成されたことについても触れる.特に,青紫色領域での発振の成功は,次世代の高密度光ディスク用光源や,極微小物質の観測・操作用光源へとつながっていくものと期待される.今後,フォトニック結晶面発光レーザは,情報記憶,処理,加工,ナノバイオ等をはじめとする様々な分野における新しいキー光源としてますます発展するものと確信する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355