あらまし

映像内容解析におけるTRECVIDの取組み

佐藤 真一 

Vol.91 No.1pp.55-59

発行日:2008/01/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
映像解析映像検索TRECVID映像コーパス

本文:PDF(1.6MB)>>

記事を購入

あらまし:
一般のユーザが大量の映像を扱い得る環境が整備されてきており,映像の内容に基づく検索やブラウジングへの期待が高まっている.本当の意味での映像の内容検索を実現するためには,キーワードやメタデータによらない本当の映像内容検索の実現が必要であり,そのためには映像の意味内容の解析が必要だが,現状の技術水準は実応用での要求水準にはるかに及ばない.一方,音声認識,自然言語処理,文字認識,顔検出・認識などの技術は,大量の学習データを用いたコーパスベースのアプローチにより,今や実用化の水準に達している.本稿では,映像の意味解析のためのコーパスベースの試みとして,TRECVIDを紹介する.TRECVIDでは何を目指しているのか,どのようなデータが提供されるのか,参加者にはどのようなタスクが課せられるのかなどについて概説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355