あらまし

ロボティックルーム1・2・3の開発

森 武俊 佐藤 知正 

Vol.91 No.5pp.402-410

発行日:2008/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 ネットワークロボット最前線

専門分野:

キーワード:
ロボティックルーム;パーベイシブコンピューティング;センサネットワーク;協調知能システム;知能住宅

本文:PDF(6.8MB)>>

記事を購入

あらまし:
ロボットを広く機械や情報機器の持つ機能の集積による系としての支援システムととらえると,分散型の協調して働く姿がイメージとして見えてくる.本稿では,ロボットのセンシングとアクチュエーションといったいわば出入口を人の活動環境の単位としての部屋にマッピングすることで構築を進めてきたネットワークロボットの一形態を,ロボティックルーム1(病室を想定),ロボティックルーム2(アパート部屋を想定),ロボティックルーム3(マンションのLDKを想定)といったロボットや愛知万博でプロトタイプ展示を行ったロボットの開発例などを中心に紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355