あらまし

100Gbit/s級チャネルを用いた大容量光ネットワークの技術動向

宮本 裕 吉田 英二 富澤 将人 

Vol.92 No.9pp.775-781

発行日:2009/09/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:解説

専門分野:

キーワード:
OTN100GEディジタルコヒーレントDSP

本文:PDF(2.4MB)>>

記事を購入

あらまし:
ブロードバンドの普及とともに,データセンタをはじめとして,10Gbit/sを超える40/100Gイーサネット信号の必要性が高まり,今後,これらの大容量信号を,通信会社の基幹ネットワークに収容し長距離に伝送することが必須となる.本稿では,基幹ネットワークを支える光ネットワークにおいて,一波長当り100Gbit/sの光信号を複数チャネル高密度波長多重し,一本のファイバで10Tbit/sクラスの大容量長距離光伝送を可能とするディジタルコヒーレント光通信技術の最新動向について解説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355