あらまし

超臨場感テレワークシステム

野中 雅人 

Vol.93 No.5pp.415-419

発行日:2010/05/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 超臨場感コミュニケーションの近未来像

専門分野:

キーワード:
遠隔コミュニケーションアンビエントインタフェースコミュニケーション支援アウェアネステレワーク

本文:PDF(1.1MB)>>

記事を購入

あらまし:
超臨場感コミュニケーション技術をテレワークへ応用することで,遠隔地にいながらあたかもオフィスにいるような感覚で働ける環境の実現が期待される.オフィスは幅・高さ・奥行きを持った空間であり,そこで働いているような感覚を伝えるには,利用者の能動的な意思に基づいてマルチメディア情報を伝える技術が鍵になる.またセンサを利用して見えない情報を取得,映像や音に演出を加えることで,臨場感を超えるテレワーク環境が実現される.本稿ではこれらテレワークのための超臨場感システム及び技術を紹介する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355