あらまし

省エネルギーと次世代高効率ネットワークデバイス技術開発プロジェクト

浅見 徹 

Vol.93 No.8pp.659-663

発行日:2010/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 グリーンICT に向けた光ネットワーク技術

専門分野:

キーワード:
省エネルギー超高速ルータ・スイッチ技術100 G イーサネットOTDMトラヒックモニタSFQSHV

本文:PDF(665.2KB)>>

記事を購入

あらまし:
ネットワークの高速化と省エネルギー化は,現在の電気通信分野に課された大きな課題である.独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「次世代高効率ネットワーク技術開発プロジェクト」では,日本として押さえるべきコアデバイス技術要素を,通信サービスでの使用に耐え得るシステム化を考慮しつつ研究開発してきた.省エネルギー化に関しては,2010 年6 月の100 GbE 標準化を踏まえ,①光インタフェース回路(100 GbE,40 GbE),②光バックプレーン化,③スイッチアーキテクチャの変更の観点から検討してきた.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355