あらまし

音声認識実用化技術の展開

古井 貞煕 小林 哲則 矢頭 隆 大淵 康成 河村 聡典 三木 清一 庄境 誠 

Vol.93 No.8pp.725-740

発行日:2010/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:総合報告

専門分野:

キーワード:
音声認識情報家電カーナビ

本文:PDF(1.5MB)>>

記事を購入

あらまし:
情報通信技術の進展により,多くの家電製品や車載製品が情報機器化し,ネットワーク接続され,それらが統合利用される時代がすぐそこに来ている.初心者や高齢者を含む「だれでも」が「簡単に」機器を活用し,情報を利用することができるインタフェースを実現する上で,音声認識技術への期待が大きい.その期待にこたえるため,家電製品とカーナビにおける音声認識の実用化をターゲットとして,2006年度からの3年間(先立って行われた先導研究の期間を含めると4年間)にわたって,経済産業省のプロジェクトとして「音声認識基盤技術の開発」が実施された.本稿では,その主要な成果を概説するとともに,今後の進むべき方向について述べる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355