あらまし

災害対策のための地上衛星共用携帯電話システム

藤野 義之 三浦 周 辻 宏之 浜本 直和 

Vol.95 No.3pp.237-242

発行日:2012/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 東日本大震災からの復興の取組みと震災から得た教訓

専門分野:

キーワード:
衛星通信携帯電話共用災害対策

本文:PDF(1.6MB)>>

記事を購入

あらまし:
地震,津波,台風など,大規模災害が発生した場合に,衛星通信が有用であることはよく知られている.従来,衛星通信のためには大形の専用端末が必要であった.衛星側のアンテナを極力大きくすることで,携帯電話程度の小形地上端末で衛星通信を可能とし,災害時にも確実な通信を確保でき,また,地上システムとの周波数共用が可能な「地上/衛星統合携帯電話システム(STICS)」実現に向けた研究開発がなされている.
この技術により普段は地上通信網を利用した通信を行い,地上通信網のサービスエリア外や大規模災害時等に衛星通信網を利用した通信が1台の小形端末で可能となる.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355