あらまし

モバイル通信網の迅速な復旧を可能とするバックホールへの要件

古川 浩 

Vol.95 No.3pp.243-248

発行日:2012/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:特集 東日本大震災からの復興の取組みと震災から得た教訓

専門分野:

キーワード:
バックホール無線LANフェムトセルスモールセル

本文:PDF(502.5KB)>>

記事を購入

あらまし:
バックホールを無線で構成したモバイル通信システムは有線のそれに比べてケーブル配線量を削減できるため,迅速かつ低廉なインフラ敷設を可能とする.一方,これらの特徴は,災害等の非常時において,迅速なネットワークの復旧を可能とすることが以前より指摘されていた.本稿では,主として平常時を想定し開発が進められてきたバックホールシステムを概観し,災害が発生した場合のぜい弱性について分析する.次に将来のモバイル通信のすう勢を踏まえ,その上で迅速な災害復旧を可能とするバックホールの要件を示す.特に無線バックホールに求められる要件についてより踏み込んだ考察を行う.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355