あらまし

運転支援システムにおける車と情報通信技術に関する動向

立松 淳司 

Vol.95 No.8pp.678-683

発行日:2012/08/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 車と情報通信技術

専門分野:

キーワード:
協調システム安全運転支援システム路車間通信車々間通信歩車間通信

本文:PDF(1.3MB)>>

記事を購入

あらまし:
通信を活用した協調型の運転支援システムには,「路車間通信」「車々間通信」そして「歩車間通信」を活用したシステムがあり,日米欧の3 極を中心に開発が進められている.この中で,日本はDSSS やITS スポットサービス等の路車間通信システムによる安全運転支援システムを実用化し,世界のトップレベルに位置している.また,最近では環境(渋滞削減,CO2削減)等にも向けた応用システムの開発も行われている.日本では「ITS 推進協議会」が設置され,政府のIT戦略にのっとり,これらのシステムの開発・実用化を学の支援を得ながら官民が連携して進めている.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355