あらまし

政府統計の匿名データ――その制度と技術――

小林 良行 

Vol.98 No.3pp.212-217

発行日:2015/03/01

Online ISSN:2188-2355

Print ISSN:0913-5693

種別:小特集 個人データの活用とプライバシー保護

専門分野:

キーワード:
公的統計二次的利用制度ミクロデータ統計的開示抑制事実上の匿名性

本文:PDF(365.5KB)>>

記事を購入

あらまし:
平成21年4月から全面施行された統計法では,新たに匿名データの作成・提供の制度が創設された.この制度は,統計調査から得られた調査票データに匿名化措置を施した上で,所要の要件を満たす申出者に対し匿名データを貸与するものである.平成26年8月末現在,総務省から6統計調査及び厚生労働省から1統計調査の匿名データが提供されている.本稿では,統計の分野になじみの薄い読者に対し,匿名データに関する法制度と匿名データの作成技術について概説する.

ログイン

 > 

パスワードを忘れた場合は

メニュー

Online ISSN:2188-2355